8090rock.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8090rock

日々のこと書きますよ。

スポンサーリンク

iPhone7 iOS10 【設定】手前に傾けてスリープ解除をオフにする

iphone7 iOS10

f:id:ultracisco7:20161102220246j:plain

iPhone7になって、すぐに気がつくのはiPhoneを手に持つと、スリープから解除されて、ロック画面になることです。

 

あれっ、と感じた方も多いのではないでしょうか。

 

僕もあれっ、と思いました。

 

なんか自動だ。。スゲェー、と思いますよね。。

 

手にiPhoneを持つと自動でオンになるような感覚です。

 

左へスワイプすれば、カメラにアクセスできて、すぐに写真撮影できます。

f:id:ultracisco7:20161102215249p:plain

 

 

右にスワイプすればウィジェットにアクセスできます。

f:id:ultracisco7:20161102215303p:plain

とても便利ですねっ。。。

 

でもこれ、僕みたいにiPhoneをポケットの中に入れて持ち歩く人にはちょっと問題になります。

 

なぜかというと 、ポケットの中でロック画面になってしまうときがあるからです。

 

ロック画面ではディスプレイがオンの状態ですから、バッテリーを余計に消耗してしまいます。

 

なので、ポケットの中ではスリープのままでディスプレイは常にオフでいいのです。

 

バッテリーを無駄に消費したくないですからね。。

 

ということで この機能をオフにしてみましょう。

 

手前に傾けてスリープ解除をオフにする

 

[設定]アプリを起動します。

 

[画面表示と明るさ]をタップします。

f:id:ultracisco7:20161102215655p:plain

 

 

 

[手前に傾けてスリープ解除]を左にスワイプしてオフにします。

f:id:ultracisco7:20161102215704p:plain

 

はい、、、よくできました。。。。

 

[手前に傾けてスリープ解除]がオフに設定されました。

f:id:ultracisco7:20161102215712p:plain

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。この[手前に傾けてスリープ解除]の設定は人によってはカメラやウィジェットにすぐにアクセスできていいと思う人もいれば、僕のように普段はポケットに入れて持ち歩くので、自動でスリープを解除したくないという人もいると思います。でも僕はバッテリーを温存したいのでオフにすることにしました。

 

Copyright © 2016 8090rock All rights reserved.