8090rock.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8090rock

日々のこと書きますよ。

スポンサーリンク

YouTubeで動画を10秒だけ巻き戻す、早送りする方法

f:id:ultracisco7:20170318180853j:plain

今回はYouTubeで動画を10秒だけ巻き戻す、早送りする方法をご紹介します。

 

YouTubeで動画を閲覧していて、、、あっ、そこ見逃した。。。

 

もう一回見たい!! 

 

な~んて、、、経験ないでしょうか?

 

ありますよね。。。

 

そんな時は、どうしますか? 

 

動画下にあるバーをスライドさせて巻き戻したり、早送りしたりしてないですか?

 

でも、、iPhoneとかだと、画面が小さいしドンピシャで巻き戻したいとこまで、巻き戻すって、なかなか操作が面倒じゃないですか。。。

 

そんな時に使える、、、カンタンな方法があるのでご紹介します。

 

YouTubeで動画を10秒だけ巻き戻す、早送りする方法

 

ホーム画面から[YouTube]アイコンをタップして[YouTube]アプリを起動します。

f:id:ultracisco7:20170318172501j:plain

 

動画を巻き戻したり、早送りするときって下の画像でグリーン枠で囲った中にあるバーを左右にスライドさせてませんでした?

f:id:ultracisco7:20170318175533j:plain

 

そんなことしなくても、ダブルタップで、きっちり10秒ずつスキップできます。

f:id:ultracisco7:20170318175519j:plain

 

左のピンクの枠のあたりをダブルタップすると10秒巻き戻しできます。右のブルー枠のあたりをダブルタップすると10秒早送りできます。

f:id:ultracisco7:20170318175556j:plain

 

画面の左側をダブルタップしてみました。画面にも10秒って表示され、巻き戻しできます。ちなみに、連続してダブルタップすると、10秒、20秒、30秒、40秒、・・・と10秒ずつ巻き戻しできます。なので、例えば、50秒巻き戻したかったら、5回ダブルタップすれば50秒巻き戻しできます。

f:id:ultracisco7:20170318175601j:plain

 

画面の右側をダブルタップすると10秒と表示され早送りできます。早送りも同様に連続してダブルタップすると10秒、20秒、30秒、40秒、・・・と10秒ずつ早送りできます。

f:id:ultracisco7:20170318175606j:plain

シングルタップだと、普通に一時停止になります。もう一回、タップすれば再生されます。

f:id:ultracisco7:20170318175610j:plain

 

まとめ

いかがでしたしょうか。

 

ちょっとしたことなんですけどね~

 

覚えておくと便利ですよー

 

今回はYouTubeで動画を10秒だけ巻き戻す、早送りする方法をご紹介しました。

 

Copyright © 2016 8090rock All rights reserved.